講座概要

施術

Kerala Traditional Ayurvedic Therapist(KTAT)とは「ケララ伝承アーユルヴェーダセラピスト」 

ケララ発祥の伝統的なアーユルヴェーダ浄化法の習得と実践的な理論を学びます。 

実績20年の短期即戦力のカリキュラムなので初心者の方でも一流のテクニックを身につけることが可能です。

2001年より6年半、インド・ケララ現地でGOLA ayurvedic therapist schoolを運営後、日本に帰国し2007年ファティマを設立。 

インド研修と同等のカリキュラム 「日本で学ぶKTAT認定コース」を開講いたしました。

2006年にはケララ州にてFathima Ayurvedic Panchkarma Center(クリニック)を開院(現在Panca Karma Clinic ANANDAとして運営)、日本国内においては2019年から日暮里にてKerala Traditional Ayurveda TANTRAをオープン。顧問アーユルヴェーダ医によるパートナーシップ、本場ケララと直結したバックアップフォローを展開しています。

多くの受講生を募集する利益追求の姿勢をとらずに、ひとりの受講生を確実に開業させたいという気持ちから少人数体制を続けた結果、お一人お一人に丁寧にきちんと対応できたことが開業率の高さにつながったと自負しています。

【実績20年の教育指導で組み立てた短期集中コースで確実に習得・開業を目指します】

施術

ケララのアーユルヴェーダ医の元で学んだプロが指導にあたります。実績10年による独自に組み立てた教育システムなので初心者の方でも開業できるレベルまで容易に習得することができます。 当スクールのカリキュラムは「実技」が中心です。

実際にアーユルヴェーダでの独立を目指す女性に必要なことは実技の習得です。なぜならテクニックをお客様にご提供して初めて報酬を得ることができるからです。理論はサロン運営に必要なメソッド、つまり実践に役立つ大事なポイントをおさえて効率的に学びます。

※アーユルヴェーダ的生活法、食事法といったメソッドは、読めば分かる内容およびインド古来の生活法・食事法の為、文化や生活習慣がまるっきり異なる現代の日本人には そぐわない為、カリキュラムに組み込まれておりません。一般書籍を参考に各自で勉強することを薦めています。

【充実のフォローシステム】

「材料をどこから供給してもらえばいいのか分からない」「分からないことが多く疑問ばかりが増える」「ひとりでサロンを開業するのは不安」こういった心配事を抱えて入学した生徒さんも多くいました。 授業を受けているときは 知識を受ける側なので、あまり疑問は沸いてこないのです。それが、今度は自分がセラピストとなり、お客様に説明する側にたったとき、あらためて疑問が生じます。質問に答えてくれる先生がいないときは自分で調べなければなりません。調べても答えが見つからないときはどうしますか? アーユルヴェーダはインド伝承医学ですから幅広い知識とたくさんの引出しが必要です。ですからアーユルヴェーダのフォローはアーユルヴェーダの豊富な知識のあるプロでなくては出来ません。そのため当スクールのフォローシステムは、親身になって誠心誠意対応することを旨とし、分からないことが生じたときに気軽に質問できる相談相手として、またインド・ケララ州とアーユルヴェーダ医をバックボーンとした心強いパートナーとしてのフォローシステムに力を入れています。現地ケララ産の新鮮なハーブ材料も供給しています。

【秘伝オイル作りを学ぶ】

代々アーユルヴェーダ医の家系に伝承されてきたハーブオイルは門外不出といわれる秘薬であり、効果を決定する一番重要な鍵はそのハーブの品質と処方であると熟練のアーユルヴェーダ医は口を揃えて言います。

私達は医師の元で、この絶妙の処方と製造法を学ぶまで長い年月を費やし習得する事ができました。

残念な事に日本で販売されているインド・スリランカ産のアーユルヴェーダオイルはほとんど酸化しています。(酸化したオイル=過酸化脂質は発癌性物質)

そのため安全性を保持するために日本の酸化していない太白胡麻油をベースにセラピストが自らオイルを作ることを推薦しております。

アーユルヴェーダで一番重要視されるオイルに欠かせないケララ直輸入の新鮮なハーブをご提供しています。ドクター調合のハーブからオイルを作る実習をカリキュラムに導入し、受講生に供給を開始したのは、当スクールが日本初の元祖です。(1種類のオイル用ハーブには20~30種類のハーブが処方されています)

《最大3名までの少人数制》

セラピストとして活躍するためには、自身の体が最大の資本です。手首・指の酷使、無理な体勢での施術で身体を痛めては仕事を続けることはできません。いかに体の負担をかけずに施術ができるか、少しの体力で大きな圧力を加えられるか等、個々に合った指導を心掛けています。実技講習はペア(相モデル)で交代に練習しますので、個別指導を徹底するためには講師の目が行き届く範囲、生徒数3名までの少人数制が限界と考えています。